スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お暑うございます

無精してまな板を使わずにキュウリを小口切りしていたら、指を辻斬りした室生ですこんばんは(・∀・)ノ←例のごとくヤケ

「あっこれ切るな」と思った瞬間に切り付けておりました…
てかその前に、なんで目測(キュウリ)誤ったのかが未だにわからん。
まるで吸い込まれるように指にいったんだが(瞬間スローモーションに見えた)なにこれ怖い((((;゚Д゚)))

と、まぁそんなホラーな日常の中、数日前ですが印刷所から原稿返却と共に再録の見本誌が送られてきましたヽ(*´∀`*)ノ
…あれ?見本誌くれるって一言も言ってなかったような…?(・∀・)まいっかー
いやー今回初めて自分の原稿オンリーの分厚い本です。2冊重ねると2センチ超えでほくほくです。

クオリティはさておきry ←特に古い原稿がな…

アンソロと同じ印刷所様へお願いしたんですが(超早割が使えたので)ここアナログの再現率ほんと素晴らしい。
自分の原稿に限って言えば、ものすごく相性がいい。
A5へ縮小されるから線は勿論細くなるんですが、飛びもかすれも最小限でしかも綺麗。
さすがお高いだけある…。
さらに、コピー用の原稿の余白断ち落とし部分も、ほとんど印刷時の余白が出てなかった。出ても数ミリ単位。
上下横に余白が思いっきり出てもおかしくないのに!
どんだけ丁寧な仕事してるんだ…感動したぜ俺は!
…まぁ個体によって差は出てるんでしょうが。それでもやっぱすごいわー。
冬の原稿、ちょう早く終わらせてB5原寸も使ってみたい!という欲求が出てしまう位に…!(おそらく無理でしょうが!)

て訳で、印刷のクオリティだけは超高い素晴らしい再録本になっております(・∀・)ノ
表紙と中身はさておきry ←そこは置くな…
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。